エブリイ インナー バンパーガードの製作(DA64V)

エブリイの頼りない?フロント部分。

特に上側の(ヘッドライト下)フロントバンパクロスメンバと呼ばれる部品はペラペラに近いです。

ちょい上げしている車両は、よく下のクロスメンバの左右(タイヤの前)をカットされているものが多いですが、私は少しでも安全を確保したいので残しています。

まあ、そもそも安全を言うならゲレンデでも乗らないといけませんが、、、

フロントバンパーガードを付けるのも良いですが、左右一杯のものとなると、かなり仰々しいので、とりあえず気休め程度でインナーバンパーガードを製作してみます。

まず、フロントバンパクロスメンバの代わりとなる頑強な骨材をつけてみます。

曲げ加工しないと付かないので結構面倒です。

さらに、取付部分がプアーなのでメインフレームにも力が入力するようにします。

途中が飛んでしまっていますが、持ち上がらないためのクロスメンバからのステーを製作し、ホーンブラケットを移設して、防錆塗装しました。

バンパー側も若干の加工が必要になります。

さらに、普通のバンパーガードも装着すれば安心感は増すでしょう。

インナーバンパーガードのメリットとしては、

・目立たたない。

・ラジエーター、コンデンサーが若干守られる。

・ウインチの取付に使えるかも

デメリットとしては

・目立たない

・重くなる

・若干、歩行者への攻撃性が強くなる

などでしょうか?

いずれにしてもエブリイで安全を確保しようと思えば、前面からフルロールゲージを作りこむくらいしないと無理なので、車検や実用性を考えても現実的ではないと思います。

外に付けるバンパーガードでも、フロントドア後ろのピラーまで繋がないと、前方からの衝撃にはあまり意味が無いように思います。

常に安全運転を心がけ、対向車の動きにも注意して運転しましょう。

DA64V エブリイ リヤ・シートカバー取付

DA64Vエブリイのリヤ・シートカバーを取り付けていきます。

PVC製の厚手のシートカバーです。

内装の色からは、ベージュ系が良いように思いましたが、汚れの点から黒にしました。

まずは、取り外して清掃。

背もたれ部分を付けます。

厚手のカバーでつけにくいので、冬場などはガンガンに温めてから取付すると良いでしょう。

座面の取付。今回は赤外線ヒーターで温めて取り付けました。

完成です。汚れにくいのと、少し座りごこちが良くなった感じがします。

DA64V エブリイ リヤシート清掃・修理

最初の状態は、こんな感じでした。

裏が錆びているので、

ケレン作業後に、錆転換剤を塗り、

シルバーを塗装。と言っても自分のなので刷毛塗りですが。

この後、表皮も清掃。

後は、PVCのシートカバーを付けていきます。

DA64V エブリイ フロント・シート(運転席シート)修理③

自分の車なのでケレン・錆転換剤の後、シルバーを刷毛塗りしました。

座面の左側にも割れがあるので、エポキシで埋めておきます。

裏の断熱材に、両面アルミ反射の断熱材を追加します。

エンジンフードには、例の塗料が塗装済みです。

この後、PVCのシートカバーを装着して完成です。

DA64V エブリイ フロント・シート(運転席シート)修理②

ボンドが固まった状態。

DA64V エブリイ 運転席シート

座面の割れも深刻になりそうです。

そこで、PVCのようなシートを切って貼りました。右端はやや長めにしておきます。

また中で破れるのを少しでもマシにするためです。

この後、シートカバーを付けるので、端が浮いてきてもOKです。

DA64V エブリイ 運転席シート 座面 修理

シート裏を外して掃除していきます。

DA64V エブリイ 運転席シート 脱着 取外し

布は洗い、他はエアブローや拭き取りなどで掃除していきます。

結構、サビてきていますね。

DA64V エブリイ フロント・シート(運転席シート)修理①

DA64Vエブリイによくある運転席シートの破れを修理します。

DA64V エブリイ 運転席シート
DA64V エブリイ 運転席シート破れ

座面の表皮だけ部品も出るようですが、結構高額のようです。

今回はシートカバーを付ける予定なので、支障がない程度に補修していきます。

刺繍糸

まずは、サイドの破れを繕います。

DA64V エブリイ 運転席

ボンドで固めてしまいます。

DA64V 運転席シート

DA64V エブリイ 室内塗装①

清掃、足付けの後、いよいよ室内塗装に入ります。

足付けの弱いところや若干地が出ているところもあるのでピタキングを塗装しました。

この後はミッチャクロンを使用しています。

ピタキング

断熱効果を期待して、ヒートカットパウダーを使用しましたが厚塗りしないと効果が出にくいのと、価格的に高めなので断熱塗料を使うのが良いのではないかと思います。

Heatcut Poeder

ヒートカットパウダーを2液型の塗料に混ぜます。

断熱塗料を作る

まず、天井と側面を塗装すべく養生します。

養生①

塗装します。

室内塗装
DA64V エブリイ ルーフ塗装

続く

とりあえずDA64Vエブリイの室内を塗りたい

とりあえずDA64Vエブリイの室内の塗装を済ましてしまいたいので、構わず水洗い等していきます。

その後、天井内張を剥がしていきます。ボンドで天井鉄板にくっついているので切りながら進めます。

各カバー類も外して清掃します。