DA64V エブリイ フロント・シート(運転席シート)修理②

ボンドが固まった状態。

DA64V エブリイ 運転席シート

座面の割れも深刻になりそうです。

そこで、PVCのようなシートを切って貼りました。右端はやや長めにしておきます。

また中で破れるのを少しでもマシにするためです。

この後、シートカバーを付けるので、端が浮いてきてもOKです。

DA64V エブリイ 運転席シート 座面 修理

シート裏を外して掃除していきます。

DA64V エブリイ 運転席シート 脱着 取外し

布は洗い、他はエアブローや拭き取りなどで掃除していきます。

結構、サビてきていますね。

DA64V エブリイ フロント・シート(運転席シート)修理①

DA64Vエブリイによくある運転席シートの破れを修理します。

DA64V エブリイ 運転席シート
DA64V エブリイ 運転席シート破れ

座面の表皮だけ部品も出るようですが、結構高額のようです。

今回はシートカバーを付ける予定なので、支障がない程度に補修していきます。

刺繍糸

まずは、サイドの破れを繕います。

DA64V エブリイ 運転席

ボンドで固めてしまいます。

DA64V 運転席シート

DA64V エブリイ 室内塗装①

清掃、足付けの後、いよいよ室内塗装に入ります。

足付けの弱いところや若干地が出ているところもあるのでピタキングを塗装しました。

この後はミッチャクロンを使用しています。

ピタキング

断熱効果を期待して、ヒートカットパウダーを使用しましたが厚塗りしないと効果が出にくいのと、価格的に高めなので断熱塗料を使うのが良いのではないかと思います。

Heatcut Poeder

ヒートカットパウダーを2液型の塗料に混ぜます。

断熱塗料を作る

まず、天井と側面を塗装すべく養生します。

養生①

塗装します。

室内塗装
DA64V エブリイ ルーフ塗装

続く

とりあえずDA64Vエブリイの室内を塗りたい

とりあえずDA64Vエブリイの室内の塗装を済ましてしまいたいので、構わず水洗い等していきます。

その後、天井内張を剥がしていきます。ボンドで天井鉄板にくっついているので切りながら進めます。

各カバー類も外して清掃します。

お掃除、の前の確認①

あちこちボコボコ&汚れだらけのわかったDA64Vエブリイですが、掃除する前に今一度状態を確認しておきます。

左後部
左リヤフェンダー部

10年10万キロも乗った車だと、砂ではなくても大抵目をつむるくらい埃が堆積しているものですが、この車両は砂だらけです。

リヤシートベルト
シートベルトも砂だらけ
後部

スペアタイヤも砂(泥が乾いたもの)だらけ、バンパーステーは曲がり、ベンチレーターのゴムのシャッターみたいなのは反り繰り返っています。交換が必要ですね。

外装を最低限直す(つもり)

キャンプ場や車中泊の場所へ向かう道中は狭い林道チックな道路も多いと思うので、あまり外装に手を入れるつもりはないのですが、バックドアを開けたところのルーフが錆びていたのと、ルーフは乗り出すと手入れが行き届かないので、ルーフを塗装することにしました。

錆びたルーフ
錆びたルーフ

ついでに看板痕が気になる左右リヤフェンダー、バックドアも取り外すので直していきたいと思います。(これが泥沼の第一歩!!)

左リヤフェンダー
左リヤフェンダー
バックドア
バックドア
バックドア内部
バックドア内部
下地
錆封じ
錆封じ
ルーフ処理
ルーフ処理

錆を完全に取り除くのに、相当な労力が掛かりそうなので今回は「錆封じ」という錆転換剤を使用します。

ルーフ塗装①
ルーフ塗装①
ルーフ塗装②
ルーフ塗装②
左リヤフェンダー
左リヤフェンダー
右リヤフェンダー
右リヤフェンダー

とりあえずエンジンオイル、ATFを交換  DA64Vエブリイ

エンジンオイル、オイルエレメント交換

エンジンオイルドレン
エンジンオイルドレン
オイルエレメントの場所
オイルエレメントの場所
オイル抜き取り
オイル抜き取り

結構汚れています。

オイル量は、

・オイル交換時   2.8L

・オイル、オイルフィルター交換時   3.0L

結構入りますね。ちなみに標準指定は10W30で、低温環境では5W30です。

ATF交換

ATFオイルパン
ATFオイルパン
ATF抜き取り
ATF抜き取り

今回は、フィルター交換はなしです。

ATF量はサービスマニュアルには載ってないので、抜いた量と同量を入れて後でレベルを確認します。

まあまあ汚れているようなので、こまめに交換していこうと思います。