DA64V エブリイ 室内塗装①

清掃、足付けの後、いよいよ室内塗装に入ります。

足付けの弱いところや若干地が出ているところもあるのでピタキングを塗装しました。

この後はミッチャクロンを使用しています。

ピタキング

断熱効果を期待して、ヒートカットパウダーを使用しましたが厚塗りしないと効果が出にくいのと、価格的に高めなので断熱塗料を使うのが良いのではないかと思います。

Heatcut Poeder

ヒートカットパウダーを2液型の塗料に混ぜます。

断熱塗料を作る

まず、天井と側面を塗装すべく養生します。

養生①

塗装します。

室内塗装
DA64V エブリイ ルーフ塗装

続く

とりあえずDA64Vエブリイの室内を塗りたい

とりあえずDA64Vエブリイの室内の塗装を済ましてしまいたいので、構わず水洗い等していきます。

その後、天井内張を剥がしていきます。ボンドで天井鉄板にくっついているので切りながら進めます。

各カバー類も外して清掃します。

お掃除、の前の確認①

あちこちボコボコ&汚れだらけのわかったDA64Vエブリイですが、掃除する前に今一度状態を確認しておきます。

左後部
左リヤフェンダー部

10年10万キロも乗った車だと、砂ではなくても大抵目をつむるくらい埃が堆積しているものですが、この車両は砂だらけです。

リヤシートベルト
シートベルトも砂だらけ
後部

スペアタイヤも砂(泥が乾いたもの)だらけ、バンパーステーは曲がり、ベンチレーターのゴムのシャッターみたいなのは反り繰り返っています。交換が必要ですね。

エブリイDA64V 最初の状態

お見苦しい写真ばかりなので、見たくない人は見ないでください。

フロントバンパー塗装剥がれ
リヤまわり
白ボケて傷だらけのミラー
荷室の状態
リヤシート
定番のエブリイ運転席シート破れ

シートに関しては、前後PVCのシートカバーをつける予定なので最悪そのままでも良いのですが、一応破れているものは補修して汚れているものは掃除してからつけようと思います。

ただ、この考えが後に作業を長引かす原因となってしまうとは、、、